徳重聡が出演するスペシャル番組『MGCを作った3人の男たち』(TBS系、9月11日夜8時~) 撮影/齋藤周造

 '00年に開催され、“21世紀の石原裕次郎を探せ!”と銘打ったオーディションで5万2005人の中から見事グランプリに輝き、華々しくデビューした徳重聡。

 その端正なルックスとモデル顔負けのスタイルを生かした好青年や硬派な役のイメージが強かったが、昨年放送されたドラマ『下町ロケット』(TBS系)では嫌みなエンジニア役を好演し、話題に。

 40代に突入し、新境地を開拓するまでの俳優人生について、振り返ってもらった。

遅れてやって来たグランプリ

「推薦者も賞金がもらえるというオーディションだったので、いとこが応募したんです。僕自身は俳優に憧れていたわけではなかったので、面接会場へも遅れてしまって。

 でも、当時住んでいた大学の寮がある埼玉県熊谷市から都内の会場まで往復3000円ほどかけて来たから、何もせずに帰るのは損だな……と、理由を告げて面接を受けさせてもらったんです。遅れて行ったことが結果的に強く印象に残ったようで、グランプリになることができました

 昭和を代表する大スターの名前を背負うことは大きなプレッシャーを感じそうなものだが、申し訳なさそうにこう答える。

「もちろん名前は知っていましたが、裕次郎さんの作品をちゃんと見たことがなかったので、そのすごさを知らなかったんです。デビューして、事務所にある作品を見させていただいてから、とんでもないオーディションを受けたんだな、という実感が湧いてきて……。そして'04年のスペシャルドラマ『弟』で、石原裕次郎役を演じたことで、その輪郭が見えてきて、撮影中にどんどんプレッシャーを感じるように」

 あまりの重圧に芸能界からの引退を考えたことも。

「僕にできるのだろうか? と不安のほうがどんどん大きくなってきたんです。でもオーディションの賞金として1億円いただいていたので、まだその金額分は仕事していないから辞められないな……と。もしも賞金が少額だったら、すべてお返しして逃げていたと思います(笑)」