坂野嘉彦容疑者 知人らによるとかなり画像加工しているという(読者提供)

 無職の男はSNS上にインコの虐待動画を投稿、愛鳥家らが通報を続けたことで逮捕につながった。男は複数のアカウントを持ち、インコを可愛がる様子を見せる表の顔と、虐待する裏の顔、その両面を使い分けていた。関係者は「おとなしく、虐待を行うようには見えなかった」と素顔を語るが――。

「私のツイッターのフォロワーから、『インコ可愛がり総合ニュース』というアカウントがインコの虐待動画を流しているという連絡を受けたのが6月22日午後4時ごろ。それがきっかけでした」

インコ虐待男の表と裏の顔

 インコの飼い方や情報提供などを行うウェブサイト『インコ生活』を管理する山本さんが憤る動画の数々。そこに映っていたのは、

コンドームをかぶせられたインコ、洗面台にためた水の中で溺れそうなインコ、ヒリヒリする薬をヤケドの痕に塗られ、のたうち回るインコの動画や画像でした」(山本さん)

 それが動かぬ証拠になった。

 愛知県警中村署は7月18日、動物愛護法違反の疑いで名古屋市の無職・坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕した。取り調べに対し、

私が飼育していたインコにコンドームをかぶせて身動きが取れないようにして、点火棒(長いライター)を押しつけ、放り投げるなどの行為をして虐待していたことは間違いありません、と供述しています。虐待理由は、鳴き声がうるさくて腹を立てたということです」(捜査関係者)

 名古屋市内にある自立を支援する寮。そこが坂野容疑者の住まいだった。生活困窮者や病院を退院して行き場のない人などさまざまな事情を抱えた人が暮らしているが、ほとんどの入居者が日中は仕事に出かける。坂野容疑者はそこに今年3月に入所した。最初は水回りが共同の階に住んでいたが、その後、居室内にトイレや浴室など水回りがそろっている部屋に移ったという。そこが犯行現場になった。

 坂野容疑者を知る関係者は、

「坂野さんはおとなしいタイプ。動物を虐待するような人には見えなかったのでびっくりしました。トラブルはなく、スタッフとの関係も良好でしたが、躁鬱がひどく、投薬や通院で治療をしていたようです。就労にも意欲的でしたが、仕事はしていませんでした」

 と近況を明かす。

 個室であっても、ペットを飼うことは禁止されていた。ところが坂野容疑者は4月ごろからインコを飼い始めた。前出・関係者が続ける。

「逮捕後、面会に行った知人に、インコを飼った理由を“ひとりで寂しかったから”と。夜、インコが突然、鳴きだして隣の人にバレるといけないと思い気が動転して殺してしまったのが最初。そのときに変なほうに気持ちが変化して、その後エスカレートしてしまったと話したそうです」