クリスタル・ケイ 撮影/森田晃博

 個性派シンガーとして、これまで数々のヒット曲を送り出してきたクリスタル・ケイさんが、初めてミュージカルに挑戦する。その作品が、ブロードウェイでセンセーションを巻き起こした『ピピン』の新演出版。

 本場の一流クリエイティブ・チームが来日して創りあげる話題作だ。初めてというのが意外すぎるほどミュージカルの世界になじんで見えるクリスタルさんだが、この初挑戦へと彼女を導いたのは、ピピン役で共演する城田優さんだったそう。

この役との出会いは
運命的な縁なんです

優とは10年来の友人なのですが、2年ほど前、いきなりラインで誘われまして。“再来年、僕とブロードウェイ・ミュージカルやらない? 本場の人たちと”って(笑)。最初は“何それ、やったこともないのにハードル高すぎでしょ”と言ったら“クリならできるよ”と言う。“ちなみに作品は何?”って聞いたら“『ピピン』だよ”と。それを聞いたとき鳥肌が立って、運命を感じました

 なぜなら『ピピン』こそ、クリスタルさんがニューヨーク滞在中に観劇し、衝撃を受けた作品だったのだ。

「とにかくめちゃくちゃ面白くて“こんなにいろいろな要素が入っている作品があるんだ!”と驚きました。踊りだけでもスタイリッシュですごいのに、アクロバットもサーカスの要素もあって、ダークな部分もある。でも笑えるし、エロさもあって“こんなミュージカル初めて見た!”って大感激。

 特にリーディング・プレーヤー役のパティーナ・ミラーさんが素晴らしくて。しかも見た後、黒ずくめの服でシアターの外に立っていたら、お客さんにパティーナさんと間違われた(笑)。その5年後にこの役がくるなんて“これはご縁だ!”と思いましたね

 物語の中心にいるのは、「特別な何かになりたい」と自分探しをする若き王子、ピピン。彼を導く神秘的な存在が、クリスタルさん演じるリーディング・プレーヤーだ。狂言回しであり、ピピンのみならず作品全体を支配する、不思議な難役。

「ミステリアスで抽象的で、面白いけどコワい(笑)。ピピンを導くいい人なのかと思いきや“そうでもないかも?”と思わせるし。でも憎めない、不思議なキーパーソンです。演出のダイアン(・パウルス)さんからは“この役自体がパワーそのもの。

 パワフルにやって”と言われています。彼女がビビるなんてありえませんからね。そんなところはお客さまに見せられない。私の全人生でいちばん大きな挑戦ですけど、覚悟を決めました(笑)。

 すべてを仕切っている彼女は、キャラ的には私と違いますが、パフォーマーとしては重なるところがある。だから恥ずかしいとかコワいなんて感情は全部捨てて、完全にドSでいきます!(笑)