「学校には行かなくていい」と主張するゆたぼん(本人のYouTubeより)
 10歳の“不登校YouTuber”『少年革命家ゆたぼん』が炎上している。「宿題を強制する学校に嫌気がさした」「先生に従う同級生がロボットにみえた」などの発言がメディアで取り上げられることにより、一気に拡散。義務教育なのに行かないのはアリ? ナシ? など賛否巻き起こるこの炎上について漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんとともに考える。

* * *

──親子でワイドショーの取材にたびたび応じるなど、かなり大きな話題になりました。

「テレビを見ていてまず感じたのは、“親子揃って後ろ髪が長いな”ということでした。正面からだとわかりにくいのですが、横とか後ろを向いたら束ねた長い髪がみえる。綾小路きみまろの長髪版といった感じでしょうか……。学校だけでなく美容院に行くのも嫌なのかもしれません。

 それにしてもゆたぼんはYouTuber向きの顔をしていますよね。ヒカキン・セイキン系列というか。多少地味だけれども味わいがあってまたもう一回みたくなるような、いわゆる“YouTuber顔”かと。芸能人ほどの派手さや華やかさがないからこそ、ある意味小さい画面で見ても満足できるといったところでしょうか

──「宿題をしたくない」などの、“不登校になった理由”も今回の炎上が起こった原因ですよね。

「この件を受けて、朝の情報番組で小学生を対象にした街頭アンケートをしていたのを見たのですが、『おバカになるから学校は行ったほうがいい』といった冷静な意見が多くてちょっと驚きました。

 個人的にも、基礎学力は必要かなとは思います。特にYouTubeの世界は1再生回数あたりの広告収益がすぐに変動する世界だと思うので、小学生でYouTuberになりたいような人は、基本的な算数は習っておいたほうがいいですね。動画1再生で0.05円〜0.1円くらいと、数字が細かいと聞きますし、利益計算ができないのはマズいと思います。

 あと、彼はカバー曲やオリジナルソングを歌っている動画もアップしているのですが、やはり“まだ喉で歌っているな”と感じてしまいました。音楽の授業も受けてちゃんとした発声法を習ったほうがいいかも。

 “学校は行きたいときに行く”姿勢のゆたぼんは、図工の授業や給食を食べにだけ行ったりしているとテレビのインタビューに答えていました。すでに自分で科目を選ぶ大学生の感覚です