経営者、漫画家でもあるモカさん(33)は29歳のとき、マンション屋上から飛び降りた。社会の残酷さに純粋なまで絶望していたためだ。しかし、駐車していた車がクッションとなり、一命をとりとめる。その体験などをまとめた本が『12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと』(光文社新書)だ。そんなモカさんに聞いた、当時のこと、そして「生きる」ということとはーー

元男性のトランスジェンダー、12階から飛び降りたことがあるモカさん

 元男性のトランスジェンダーであるモカさんは、2015年10月、12階のマンション屋上から飛び降りた。これが最初の自殺未遂ではない。ほかの手段も試したことがあり、手首を切って死のうとしたり、首つりを試みたこともあった。薬をたくさん飲もうとしたが、死ねないと思ったため、当時、住んでいたマンション屋上から飛び降りたのだ。

社会は残酷で理不尽

29歳までの5年間で、徐々に死のうと考えたんです。そのため、ネットで死に方を検索したり、死んだ後はどうなるかも調べていました。自分が試みたことは、決して間違っているとは思っていません。なぜなら、そのときに飛び降りなくても、いつか必ずそうしていたと思うから。そうしないと気がすまなかったんです。いま思うと、私にとって自殺未遂は人生の過程だと思っています」

 なぜ、モカさんは強い自殺衝動に襲われたのか。

 自殺をしたいと考える人には、いじめや虐待、体罰などの被害体験、家族や友人、知人が自殺や事故で亡くなったり、失恋などによる喪失体験をしている人が多い。しかし、モカさんの場合はそうした体験に由来していたわけでない。ただ、世界を変えたいと思っていた、というのだ。

とにかく社会は残酷だと思っていたんです。初めて社会の理不尽さを感じたのは、理解できないことを言っている上司の言うことに従うことです。そんなことがあるということは、より大きな権力者にもあらがえない。生活のため、家族のために、その理不尽に従うこともあるし、戦争で人を殺すこともあるかもしれません」

 モカさんなりに社会の現状と、あるべき姿を考えていた。

 そんな中、自分と同じように性の不一致に悩む人たちのために活動を始める。新宿・歌舞伎町で日本最大の女装イベント『プロパガンダ』を主宰。そこで出会った知人の中にも、「自殺したい人」がいることを知った。そして「社会は残酷」だと思っていたモカさんは、残酷なことを気にしない人が多いから、社会は変わらないと思った。

社会は残酷、弱肉強食です。と同時に、情の社会でもあると思っています。しかし、自殺未遂前は、残酷さしか見えていませんでした。そのため、世界を変えられるものなら変えたいとずっと思っていました。

 性別への違和感もあったので、23歳のころに稼いだお金でタイで性別適合手術を受けました。性別を変え、念願の漫画家になり、会社を作ってみたら、経営がうまくいった。そうしていけば、世界は変わると考えていました」

 それなのに、『残酷な世界』は変わらず、モカさんはこの世にいることが嫌になり、脱出したいと強く思って、12階から助走をつけて飛んだ。