1433票の回答数を集めたのアンケート『私たちが“嫌いな女”ランキング』で1位に輝いてしまった和田アキ子。『あの鐘を鳴らすのはあなた』などのヒット曲で知られ、冠番組『アッコにおまかせ!』は33年以上続いている。

 では過去('04年、'12年、'15年)にも、嫌いな女ランキングを実施しているが、'04年は16位とトップテン圏外だった和田。しかし、'12年には頭角を現し、6位。3年後の'15年には初の1位に。つまり今回は、V2を達成したわけだ

過去の嫌いな女ランキング

なぜこれほどまでに嫌われるのか?

「ご意見番というが、時代錯誤」(40代・主婦)、「強い者に媚び、弱い者を叩くのが腹立つ」(20代・会社員)

 “芸能界のご意見番”としての言動に厳しい目が。作家でタレントの岩井志麻子さんは、

ひと昔前の“抱かれたくない男・ナンバーワン”だった出川哲朗さんと同じじゃないですか? とりあえず和田さんの名前を挙げておけばいい、は思考停止だと思いますよ」

 女装家のコラムニスト・ブルボンヌさんも同意見。

「言っちゃ悪いけど、アッコさんって回答しちゃうのは、自ら埋もれる女よ。もっと自分を探そ〜!」

 内科医で作家のおおたわ史絵さんは、冠番組に注目。

「“アッコさんにモノ申してもらいましょう”という作りだから、アッコさんも役割として答える。若い世代の女子たちは怒られ慣れていませんし、それ以上に『笑って許して』などを聴いて育っていません。“なんで知らないおばさんが、偉そうに怒ってるの?”になるのでしょう」

『NHK紅白歌合戦』に通算39回出場し、紅組司会やトリの常連だった和田だが、’16年に落選。しかし、その数年前からSNSなどでは“なんで出るのかわからない”“若手に譲るべき”など、出場に懐疑的なコメントが増え、たくさんの“いいね!”が集まるようになっていた。

「“この人嫌われているんだ”が、“じゃあ、私も嫌っちゃお”になっていったということでしょうか?」(岩井さん)

 歌手としての本領を発揮する機会が減り、

「バラエティーで怒っているだけの人に見えてしまうのはもったいない。1度、生歌を聴けば、和田さんのスゴみがわかるんでしょうけど」(おおたわさん)