左から鈴木奈々、和田アキ子、ベッキー

「あなたの嫌いな女性芸能人は誰ですか?」。ウェブ『Veita』、読者ハガキほかで3月下旬から4月上旬にアンケートを実施。10代〜70代の1433名の女性から回答が寄せられた。

 今、日本でもっとも嫌われている女とは──?

金・銀・銅メダルは誰の手に!?

 

 まずは、活躍ジャンルを問わない総合部門から。栄えある……と言っていいのかは謎だが、最も“嫌い”の声を集めたのは、古希目前の和田アキ子(69)

「偉そう。お山の大将みたいで感じが悪い」(40代・会社員)、「誰も逆らえない感じが見ていて嫌」(30代・主婦)、「パワハラの権化」(50代・会社員)、「紅白に出られず、グダグダ言ってたのは大人げない」(50代・主婦)

 など、辛辣なコメントがズラリ。“偉そう”という意見が圧倒的だった。

 銀メダルをゲットしたのは鈴木奈々(30)

「うるさい、下品」(30代・主婦)、「興奮すると同じことを繰り返したり、抱きつく癖も見苦しい」(50代・主婦)、「中身がないので飽きる」(50代・会社員)

 コラムニストで女装家のブルボンヌさんは、

「あれがタレントとしての生命線なのにね。あの子が黙ったら終わりよ。止まったら死ぬマグロと同じで、きっと死んじゃう(笑)」

 3位にすべり込んだのは、今年1月に結婚したベッキー(35)

「不倫ウソつき女だから」(20代・その他)、「不倫のときに本性が見えた気がする」(30代・主婦)、「不倫で他人の人生をめちゃくちゃにしたのに、自分は結婚。ありえない」(20代・医療関係)、「もう何をしていても印象が悪い」(30代・主婦)

 3年が経過しても、不倫イメージは払拭されず。

 作家の岩井志麻子さんは、このように分析する。

「学校のいじめにありましたわねぇ。いじめられっ子がいたら、“嫌われている”という理由だけで嫌ってしまう。別にその子に何かされたわけでもないのに、同調して冷たい態度をとってしまう。“みんな、そうだよね?”“みんなで嫌おうよ”。そんないじめの構造とベッキーさんの嫌われ方は似てるんじゃないですか?」