久志本眞子と冨士眞奈美の“スー女”に挟まれる、元旭天鵬の友綱親方

──柏戸関をはじめ往年の名力士にも詳しい大女優・冨士眞奈美と、高校1年生にして早くも芸能界一の相撲女子との呼び声高い久志本眞子。時代&世代を超えた“スー女”が、まさかの初顔合わせ! 制限時間いっぱいの取組は……白熱必至の対談、はっけよい、のこった!

元祖スー女と現役スー女

冨士 まだ若いのに、“十両以上の力士のしこ名をすべて言える”くらいお相撲が好きなんてビックリ。どうしてお相撲が好きになったの?

久志本 初めて相撲を見に行ったのは5歳のときなんですけど、その前日に両親とちゃんこ鍋屋さんに行ったんです。そのときに偶然、旭天鵬関(現・友綱親方)がいらっしゃって、そこから興味を持つようになりました。

冨士 それで今に至るまで友綱部屋との交流が続くのね。

久志本 それからどんどんハマっていって、巡業や、各部屋の朝稽古を見に行くようになりました。学校のスケジュールとかぶらないように調整しつつ、相撲ライフを送るのが日課ですね。

冨士 筋金入りね! いま着ているお洋服、なんだか渋いわねえ……。

久志本 はい! (友綱部屋の)旭大星関の浴衣をワンピースにアレンジしています。

 冨士さんが相撲をお好きになったきっかけは何だったんですか?

冨士 私たちが子どものころは、ラジオしかなくてね。相撲と野球中継は人気番組で、いつも聞いていたから、気がついたら大好きになっていたの。私の場合、周りから「女の子は聞くものじゃない」なんて言われたことなかったし。お相撲は取らなかったけど、田んぼで野球はしていたわよ。

 18歳で女優になったときに、そのころは相撲と野球が好きで語れる若い女性なんていなかったから、雑誌なんかの企画でよく呼ばれたのよ。相撲部屋を訪れたり、王(貞治)さんと対談をさせてもらったりね。

20代のころの冨士さん。女優ながら、スポーツ選手との対談の仕事も多かった

久志本 元祖スー女であると同時に、元祖野球女子でもあるなんてカッコいい……憧れます!

冨士 うふふ。今では亡くなってしまった方も少なくないから本当に貴重な体験をさせていただいたわ。眞子ちゃんは、北の湖さんにお会いしたことがある?

久志本 小学生のときに1度だけ。優しい方でした。

冨士 そう。とっても優しい人。北の湖さんは、15歳のときに北海道から上京したんだけど、稽古がつらすぎて逃げて帰ることを決意したそうなの。

久志本 のちに大横綱になる人が!? 意外……。

冨士 ところが、東京へは右も左もわからない状態で連れてこられたから、帰り方がわからない。上野駅に行く方法がわからなくて、あきらめて部屋に帰ってきたんだって。

久志本 なんかかわいい。でも、もし上野駅にたどり着けていたら名力士は生まれていなかったってことですよね。

冨士 そういうことよね。眞子ちゃんも、これからこういったおもしろい話を聞く機会に恵まれるだろうから楽しみね。

久志本 頑張ります!