桜田通 撮影/坂本利幸

 新宿武蔵野館が連日満席となる公開中の映画『ラ』に主演した、桜田通(27)にインタビュー。タイトル『ラ』には、「全世界共通の赤ちゃんの産声の音」「オーケストラが音を合わせる基準音」など、“始まり”という意味が込められている。監督、キャスト、スタッフ、全員の熱い想いが込められている作品のこと、そして、27歳の“今”だからこそ紡ぐ言葉で、彼自身について聞いた。

――まず、タイトルが『ラ』と聞いた印象は?

「何のことだろう? っていうのがいちばん最初の感想でした。きっとみなさんもそうだと思うんですけど(笑)。“始まり”という意味が、その一文字で表されていると知ってようやく腑に落ちました。台本を読んだときから、この映画で伝えたいことやメッセージ性を強く感じていたので、それを意識して撮影に臨みましたね」

――桜田さんが演じた“岡浜慎平”が、解散してしまったバンドの再結成を夢見て、友情や恋愛、生き方を見つめ直す物語となっていますが、これまで出演してきた作品とは“違う”と感じた部分はありましたか?

「映画やドラマ、舞台も、それぞれ作り出す人たちには熱量があると思いますが、この『ラ』に関しては、人の気持ちにフォーカスして描いているぶん、楽しいエンターテイメントの作品とは違うなと思っていました。撮影期間は、登場人物の“苦しい部分”を背負って生きた、貴重な時間でした」

――どんな人も、自分自身に当てはめて考えられるテーマだったと思います。

「慎平は、ただ純粋に友だちと音楽をやりたかった、それだけなんです。その姿がみなさんの目にどう映るのか、それは観てくださった人たちに委ねたいことではあるのですが、自分が“やり直したい”と思ったその日から、人は新しく産声をあげて歩き出すことができるということが伝わったらうれしいです。これから先、自分の中に熱いものを持って突き進むヒントを、見つけてもらえたら」

ーー今日(インタビューは4月5日の舞台挨拶直後)から、ついに公開されます。

「この日を迎えるためにみんなで作ってきたので、1人でも観てくださる人が増えてほしい。それが僕の、近々の“夢”です!」

ーー慎平のように、桜田さんご自身もバンドを組んでライブ活動をされていますよね。

「この映画でも、唯一楽しく撮影できたのはライブシーンだけでした(笑)。混じり気もなく、ただ純粋に楽しめたので思い出に残ってますね。役者同士で楽器の練習もして、生音で演奏して、そこにも注目してもらいたいです」