栗原類 撮影/森田晃博

『春のめざめ』は、100年以上前に書かれたとは思えないほど現代と親和性のある物語だ。ドイツのギムナジウムに通う少年少女たちは自分に戸惑い、葛藤する。

 その姿を通して思春期の生と性を赤裸々に描き、2年前に大評判をとった白井晃の演出版が、待望の声を受けて再演の幕を開ける。新メンバーが加わったこの再演で、初演に引き続きモーリッツ役を演じるのが栗原類さんだ。

不安や重圧を感じる
誰もが共感できる役

14歳は、自分の身体の成長に心が追いつかなかったり、世間に対する考え方がわからなかったり、いわゆる“中二病”が発症する時期。僕の演じるモーリッツは、親からの期待や社会からの重圧に自分の脳が追いつけずにパンクしてしまうんですね。

 僕はNHKの『#8月31日の夜に。』という、夏休み最後の日の生放送に2年連続でかかわらせていただきましたが、その時期になると登校が嫌で、自殺してしまう学生さんたちが増えている。そのことを実感しました。この戯曲のモーリッツは、いまのそういう状況とリンクしています。不安やプレッシャーを感じているすべての人が、共感できると思うんです」

 栗原さん自身、発達障害のひとつであるADD(注意欠陥障害)と診断され、それまで暮らしていたニューヨークから帰って間もなかった日本での中学時代は、つらい時期だったという。

「僕の場合は、モーリッツとは違う種類のつらさでした。親からの重圧はなくて“無理に勉強しなくても、最低限のことをやっていればいいよ”と言われていましたから。ただ、僕自身にも問題はあったんですけど、聴いている音楽や読んでいる本、育った文化が違ったりして、周りから相手にされていない自分がいました。周りと価値観が合わない。僕の場合は危機感ではなく、“つまらない”という生きづらさでした

 栗原さん自身のパーソナリティーは、モーリッツより、性的衝動で過ちを犯してしまう大人びた同級生、メルヒオール(伊藤健太郎さん)のほうに近いとか。

「僕はニューヨークにいたときは、日本より目にする機会が多いからか、性に関するシーンを母親と一緒に見ていました。そういうときは母親が、そのシーンの意味や必要性について説明してくれたんです。

 モーリッツのセリフに“羞恥心って教え込まれるもの”というのがありますが、僕は早い段階から教え込まれていたので、14歳になって初めて知るという感覚がわからなくて。自分が腑に落ちたうえでせりふを言うのが難しいです」