事件現場となった容疑者宅の玄関前には花と酒が手向けられていた

夜中に“キーッ”って奇声を上げたり、ガンガン音楽をかけたりするので、住人みんなで壁を叩いて抗議したりしました。ひどいときは突然、叫び出して、裸足(はだし)で走り出す。このマンションは、外出モードにしてから部屋を出ないといけないのに、それをしないから、セコムが来て大騒ぎになったこともありますよ」

 同じマンションに住む住人は迷惑そうな表情で、容疑者の奇行癖をそう伝える。

 警視庁町田署は3月9日、殺人未遂の疑いで東京都町田市の自称職業不詳、佐藤千夏容疑者(43)を逮捕した。

「8日午後11時50分ごろ、本人が自宅マンションで『愛人を殺した』と110番通報しました。被害男性の胸を複数回、突き刺し全治不明の傷害を負わせたもので、男性は搬送先の病院で死亡が確認されました」

 と捜査関係者。

 被害者は近所に住む嵐富雄さん(61)。佐藤容疑者宅のベッドの上で、パジャマ姿のまま包丁でめった刺しにされていた。

「ワインに睡眠導入剤を入れて眠らせて、抵抗できない状態で刺した。かなり計画的です」(全国紙社会部記者)

 嵐さんを知る古参住民は、

「小柄で色黒の消防士さんでした。奥さんもいて、子どもも3人います。周囲の人も、嵐さんに“あの女の人には手をつけたらダメだよ”って忠告していたらしいんだけどね。嵐さんは“俺は付き合わないよ”って言っておきながら、長い間、付き合っていたみたいです」