(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 空前絶後の埼玉ブームが到来。映画『翔んで埼玉』は洋画大作を抑え、観客動員数1位(2月23~24日)に。『住みたい街ランキング2019関東版』でも大宮が4位、浦和が8位に入る大躍進ぶり♪

「人口増加率は東京に次いで全国第2位。平成29年までの10年間の企業本社の転入超過数は断トツの日本一となっています。多彩な魅力があるからこそ、これほど多くの人や企業が集まるのではないかと考えます」(埼玉県広聴広報課)

 100を超えるソーシャルメディアで県の魅力を発信するなど、新たな試みも。

「川越や秩父など有名な観光地、盆栽の聖地“大宮盆栽村”など魅力にあふれています。映画がきっかけで、多くの方に訪れていただき、“本当の埼玉”を体感していただくことを期待しています」(埼玉県観光課)

庶民の味方は埼玉発!

■(株)しまむら

創業当時のしまむら

【創業当時】

創業年:1953年、創業時の社名:株式会社 島村呉服店、従業員数:約15名、当時の商品:呉服

【現在】

従業員数:1万8628名、年商:5651億200万円(’18年2月20日現在)、現在の商品:総合衣料品(婦人服が中心)、最新のトレンドファッションから実用衣料まで、今欲しいものをリーズナブルな価格(=しまむら安心価格)で提供。

【埼玉県で創業してよかったこと】  

「当社は1980年代より全国展開を目指し、2002年に全国47都道府県への出店を完了しました。現在は全国各地のお客様にご愛顧いただいております」

現在のしまむら

■カパル

カパル

 志木市内に古くから伝わる河童の民話をモチーフに誕生するも、10年近く放置されていたという黒歴史を持つキモオタキャラのカパルが、昨年ゆるキャラの頂点に☆

「志木市は、全国でも6番目にちっさい市だとか、自慢するほどでもない中途半端にアピールしにくい街なんだおね……。でも、どこに行くにも移動しやすいから住むにはもってこいの感じだと思う(笑顔)」と、埼玉県民らしい自虐的アピールを。

 また1位になったことでの変化について聞くと、「出没オファーが増えて、ヲタ活する時間が減ったことぐらいかな? 野望? 『』のグラビアページで連載でももも☆」