(左から)吉岡里帆、鈴木奈々、指原莉乃

 芸能人にはさまざまな要素が求められる時代。例えば「キャラがかぶっている」だけでどちらかが姿を消すほど、みなそれぞれに圧倒的な個性を求めていますよね。

 すると、必然的に“好き・嫌い”という好みの問題が出てきます。万人に好かれるほうが難しいですし、誰もが「正直、苦手……」と思ってしまう女性芸能人がいることでしょう。そこで20〜30代女性200人を対象にアンケート調査。あなたが“ムカつく”と感じてしまう女性芸能人は? フリーアンサーで回答を募集しました(協力:アイリサーチ)。

トップに輝いてしまったのは……

 ちなみに、この連載『セキララアナリティクス』では、ちょうど1年前の2018年3月にも同様のアンケートを行っています。昨年のアンケート調査対象年齢は30〜40代だったので、選ばれる人に違いは出てくるのでしょうか? 1位から順に発表していきましょう。

■1位 土屋太鳳(24) 14票/前回2票
「演じているキャラクターが合ってないと思うから」(21歳・福岡県)

「あざとい。好感度を気にしているのがわざとらしい感じだし、話が長くてイライラする」(25歳・東京都)

「テレビで見かけるたび、なるべくチャンネルを変える。“いい子”といわれているのをよく聞くけど、疑問に思う」(31歳・徳島県)

「全体的に受けつけないので」(38歳・福岡県)

■2位 広瀬すず(20)10票/前回3票
「キレイな顔だけど性格が悪そう。何か気に入らない」(32歳・愛知県)

「なんとなく」(25歳・千葉県)

「態度が悪いイメージがずっとある」(26歳・千葉県)

「あざとい」などといった評価を受け、1位は土屋太鳳に。昨年ほとんど得票数がなかったことから、この1年で大きく好感度を落としたと見ていいでしょう。裏を返せば衆目を集めたという解釈もできます。

 2位の広瀬すずも、昨年より票を伸ばした1人。土屋太鳳の「あざとい」という声とは対照的に、ストレートに「性格が悪そう」という声が。つまり、どんなキャラクターであっても“嫌い”という評価を受けてしまうことは明らかですね。