ジャイアントパンダ招致の活動はまだ続いている

 8月26日、ジャニーズ事務所の木村拓哉やTOKIOの城島茂、『Kis-My-Ft2』『ジャニーズWEST』のメンバーら9人が、西日本豪雨で被災した愛媛県宇和島市を訪れたことを『愛媛新聞』が報じた。

 同紙によると、木村らはボランティアとして現地入りし、カレーなどの炊き出しを500セット分振舞い、地元住民らと交流したという。

キムタクが被災地を訪れたのは、8月4日に広島県呉市に続いて今年2回目。このときは『V6』三宅健と生田斗真を連れての炊き出しでした。この行動に対して、“偽善”“イメージ回復”などと心無い声も聞こえましたが、実際に被災地の方が元気づけられたのは事実。彼らの行動は称賛されるべきです」(スポーツ紙記者)

 7月には『嵐』メンバーの松本潤や二宮和也が、それぞれ被災地の避難所となっていた小学校などを訪問し、住民との記念撮影やサインに応じたことを『』では報じている。今年のジャニーズは“被災者に寄り添う”姿勢を、例年にも増して見せているのだ。

“よかれ”の思いが

「彼らタレントは、各々(おのおの)が善意をもって参加していることに間違いはありません。それは、かつて東日本大震災が起きた時に結成した、復興支援プロジェクト『MarchingJ』も然り。熱心に活動していました」(芸能プロ幹部)

 '11年3月に立ち上げられた被災地支援プロジェクト「MarchingJ」は、近藤真彦主導のもとで多額の寄付金を集め、翌年の9月までにその全額を宮城、福島、岩手の被災3県の自治体に寄付した。さらに、同プロジェクトと並行する形で、'12年2月に一般財団法人「MarchingJ財団」がジャニーズグループ内に設立され、仙台市との共同作業としてのジャイアントパンダ招致事業をスタートさせた。理事には近藤真彦も名を連ねている。

ジャニーズにしてみれば“よかれ”の思いだったのでしょうが、中国との尖閣諸島における衝突による情勢悪化もあって、招致の話は一向に進みませんでした。次第に話題にも上がらなくなり、白紙になったと思われたのです」(芸能レポーター)

 あれから7年が経ち、誰もが忘れかけていた今年3月、突如としてパンダ招致が“政府主導”案件として扱われ始めたのだ。

「日中平和友好条約締結40周年にあたる今年、1月に河野太郎外相が訪中した際に“中国政府に対して新たなジャイアントパンダの貸与を要請していた”などと、多数のメディアが報じたのです。

 これに対して菅義偉官房長官も“来日が実現すれば政府としても歓迎したい”と推奨するような発言も、現実味を持たせました。その有力候補地とみられたのが神戸市、そして仙台市なのです」(全国紙記者)